最新科学スピリチャル研究所

日本の精神世界を探求していきます。

【フルベッキ群像写真】陰謀論の証拠として「天皇を含む幕末の英雄が勢揃い」のフルベッキ写真。実は「佐賀藩校の生徒さん達」でした(笑)ついでに田布施システムなんてのも存在しませんよ。大嘘完全論破シリーズ第三弾(笑)

陰謀論の証拠として大々的に取り上げられている伝説の写真は、実は「佐賀藩校の生徒さんの集合写真」というオチでした!(笑)

西郷隆盛から坂本龍馬まで幕末の英雄たちが勢揃いしているというのは間違いです。明治天皇大室寅之祐と言われている真ん中くらいに映っている人も、佐賀藩校の生徒さんの1人です。明確に間違いが判明しているので各自で是非お調べくださいね。

ここで一句陰謀論、フルベッキでフルボッコあれ、句になってないわ(笑)

f:id:VishnuKrishna:20190802174435j:plain

佐賀藩校の生徒さんたちの集合写真

フルベッキ写真の真相はこちらから。
https://rekishiru.site/archives/2103

f:id:VishnuKrishna:20190802174516j:plain

「フルベッキ群像写真」でWikipediaも要チェックですよ〜。後は、陰謀論に振り回されずに正確な情報を各自深堀りしてくださいませ〜。


ついでに田布施システムも存在しませんよ。こちらをご覧くださいませ〜(笑)
ネットを騒がす陰謀論田布施システム」の謎を安田浩一が解き明かす
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57383
日本を支配する町? 「田布施システム」の謎を安田浩一が解き明かす
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57383?page=2

こちらも陰謀論に振り回されずに正確な情報を各自深堀りしてくださいませ〜。

自分できちんと事実を調べないと納得しない人が多いですからね〜陰謀論者界隈(笑)

 

 

 

 

【まさかの作り話だったというオチ!】トンデモ超古代文明の虚構(古史古伝の妄想世界)偽史が作られた理由とは?「世界の始まりは日本だった」「日本は世界を救う国」「世界の支配者は日本人」だいたいまとめると「日本はなんでも世界一」という偽世界観が作られた訳。待望の大嘘完全論破シリーズ第二弾!(笑)

「いやでござんす(1853年)ペリーの来航」黒船4隻を率いてペリー提督が浦賀沖にやってきた年を、こんな語呂合わせで覚えた人も多いでしょう(笑)当時の庶民が作ったとされる狂歌??「太平の眠りを覚ます上喜撰たった4杯で夜も眠れず」もご存知の方も多いことでしょう。ペリー来航時の困惑する日本人がすけてみえるようですね。

ペリー来航時より第二次世界大戦まで、日本人の心はめっちゃめちゃ不安の中にありました。その不安をかき消すかのように偽史は作られました。その不安、日本人のアイデンティティ・クライシスの真っ只中で。特に明治・大正期に集中的に、我々の先祖である古代日本人は「超絶めちゃくちゃ凄かった伝説」という偽書が次々と作られました。欧米列強って「マジでヤバいよね〜!」っていう悲鳴の中で。戦争へとまっしぐらに進んでいく過程で「日本人って実は世界一」的な偽史が大量生産されました(笑)

引きこもりという鎖国状態にあった日本(笑)気がついたらアジアやアフリカは植民地支配されてるし、中国やロシアといった大国も不穏な空気だしてるし、そりゃビビりまくりますわな。そんな背景もあり「数々の世界一の日本超最強伝説」が偽造された。当時は古代文明なんて誰も調査できないし、でっち上げの捏造でもまず嘘だとばれない。明治時代でさえ中学進学率は5%以下で、それ以前はもっと低かった。なので、インテリ層をちょろっと騙せば全く問題ない。自作自演で「自分で書いといて、オラんちの蔵から古文書みつかった」と装えば全く問題ない(笑)実にこのような背景もあり、その壮大なスケール感でロマンを語る大嘘本「古史古伝がぞくぞく誕生した。ちなみにこの時期に我が輩は天皇であるという怪伝な自称天皇ブーム!?は戦後まで続いた(笑)

そして現在もオカルト・アングラ系でまさかの本気で信じちゃっている人がぞくぞくと本やネットで紹介している。「その壮大なスケール感で!」その筆致は素晴らしい事に情熱やロマンで溢れ、人に感動を与え魅了する。下手な小説より断然面白い。けど実は虚像のフィクションであり、最初から偽物なのですよ〜。暴走しないように虚実の判断は冷静に考えなきゃですよね〜。

もし信じている人が居たらぜひ自分で調べてほしい。そのほとんどが「論拠が無い」「信憑性が浅薄」「贋作や捏造」などの理由で検証の対象にすらなり得ず、一般的にはオカルトに分類されている事実を。実際オカルトコーナーに本は分類されている(笑)

注意喚起:「なんでも古代日本は超世界一」の謎理論に加え「失われた超技術の復活」や「未知なものへの憧憬や畏敬」は非常に盲信を生じやすい」「非常に盲信を生じやすい」「非常に盲信を生じやすい」重要なので三度の繰り返し(笑)しばしば変な集団やカルトが引用するなどし利用している。つまり格好の素人洗脳の道具として利用される事が多いので注意が必要ですよ〜。

ま、ここで気をつけてと言っても、スピやオカルト、陰謀業界は非常に面白い。マーケットとしての規模もデカいし。カウンターカルチャーとしてのサブカルジャンルとして昔から歴として成立している。ではどうやってつき合っていけばいいのか?それはプロレスファンのように健全に「不思議なもの」をエンタメとして楽しむということ。以下をご参考までに。今日はこの辺で〜。

オカルト業界のウラ事情をぶっちゃける~山口敏太郎さんインタビュー~
https://3pun-qk.com/heard/1284.html/amp

大手出版社が発行しているM(老舗の有名オカルト雑誌)は、情報八百長であることを分かっていながら、真剣勝負であるかのように伝えています。オカルトの扱い方がわからずに、「この予言を信じろ」「超能力は存在する」とまやかしごとを言っている。それを信じて読んでいる人がたくさんいるんです。

 

 

 

 

【安心の完全論破書付き】偽史は誇大妄想の世界。全部大嘘判定済。すり替え説やニセや裏天皇。八咫烏。古代日本は世界一。日ユ同祖論。芭蕉スパイ説などなど。あきれ果てる程にホントの嘘にはキリがない。フェイクドキュメント日本史陰謀論の闇。

日本史を知らない素人はすぐに洗脳されてしまう。
偽史とはまがいものの歴史のことである。

今回は、偽史による陰謀論を取り上げます。まず何故、偽史陰謀論が生まれるのかを説明していきます。現在、日本偽史陰謀界には二大巨頭の大先生がいらっしゃいまして(笑)陰謀論を大量生産していらっしゃいます(笑)お二人とも残念ながら歴史学者ではなく評論家や作家でございます(笑)そしてその系統の筋金入りの陰謀論者数名がガッチリと脇を固め支持しておられます(笑)その支持者がだいたい同じ内容の本を出しちゃったりしてます。次にその支持者ルートでオカルト雑誌ムーやスピリチュアル各紙などで特集が組まれます。オカルトさん、スピリチュアルさん、陰謀論者さん三つどもえで親和性が高い仲良しグループで徐々に拡散していきます。最初はたった数名から多くても数十名が中核となり偽史による陰謀論は作り出されます。ここで究極的な大問題があります。二大巨頭の大先生をはじめ、偽史を作る陰謀論グループには、歴史の専門家が誰一人として入っていないという驚愕の事実です。そうなのです、なんとプロの歴史学者が一人もいません!皆さん爆笑しないでくださいよ〜!けれどこれは実に当たり前の話で、歴史専門家の学識者がそのメンバー内に、もし居たなら「それは事実の曲解です」「それは事実の捏造になります」「それは論理の飛躍で因果関係が成り立ちません」となってしまうからですね(笑)ですので、こういう人達は単にこう書いたらウケるんじゃね?って狙って書いてるだけなんですよ、実は。実際に素人にはウケているらしいっすけど(笑)実際、素人洗脳には成功している(笑)

陰謀論者は、日本の歴史学者偽書認定した「竹内文書」を例えば「今こそ明かされる竹内文書の真実」として勝手に創作した、自称「史実」本を出したりします。これこそマチュアの二次創作した完全なフェイクドキュメントの闇ですね。プロの学者で日本の歴史専門家の総意で「古代の文書を装った偽書」として認定した「竹内文書」をあたかもまるで本物の史実のように、今こそ明かされる新事実として。その上、ノンフィクション扱いにするっていう完全にそれは詐欺演出としか言いようがない。しかし文章だけは凄く上手い。さすがは作家や評論家。やたらと文章が上手いのでやたらと説得力はあるけど実は歴史的事実ではない創作で、嘘。極めてリアルでまるでその場で見てきたかのように臨場感たっぷりに書いてるけど実はマジで大嘘。まんまと騙されないようにご注意くださいね。ちなみにプロの歴史専門家、きちんとしたアカデミックな歴史研究をされている学識者の先生方はバカバカしくて陰謀論者を相手にしてないというのも事実。奇想天外、荒唐無稽、支離滅裂のトンデモ話。ただ人に強烈な印象を与えるような内容にして「マジで凄いな〜!」って思わせるウケ狙いの作り物なので、あまりにもくだらないと。なので反論する気にもならないのかもしれませんね。それに、そもそもきちんと反証しても全く聞く耳持たない方々ですからね〜。しかしまあ、歴史アマチュアの作家や評論家がどうして堂々と詐称本をだせるのか?という日本の摩訶不思議〜平和ボケのゆとりか!日本のサブカル恐るべし!っていうか大丈夫か〜って「とても深刻に心配しなくちゃいけない」と思っているのはお節介すぎですかね〜!(笑)

とりあえず4冊ほど挙げときますが、バリバリ反証してる本はたくさん出てるので興味のある方はぜひAmazonでチェックしてくださいね。ではでは皆さんもご一緒に完全論破でいきましょうね〜!

併せて読みたいこちらの記事。よろしくお願い致します。

 https://vishnukrishna.hatenablog.com/entry/2019/07/25/204816
陰謀論はただのマウント話芸」陰謀論者がいつもドヤ顔でいられる超面白い訳。陰謀論は「悪魔の証明」と一緒で非存在の証明は不可能。陰謀論者出没ポイントも。嘘には本音が出ています。善意を装う悪徳ラポール商法にご注意ください。

 

 

 

f:id:VishnuKrishna:20190727213207j:plainf:id:VishnuKrishna:20190727213331j:plain

f:id:VishnuKrishna:20190727213406j:plain

f:id:VishnuKrishna:20190727213236j:plain

 

 

「陰謀論はただのマウント話芸」陰謀論者がいつもドヤ顔でいられる超面白い訳。陰謀論は「悪魔の証明」と一緒で非存在の証明は不可能。陰謀論者出没ポイントも。嘘には本音が出ています。善意を装う悪徳ラポール商法にご注意ください。

結論から言うと「陰謀論者はマウント話芸が得意なだけの人達」です。その理由を説明してくのですが、まず個人的に陰謀論の主張を聞くのは大好きです。最初はドキドキして面白い。けど何か変、あれ明らかにアヤシイ、うさんくさいと徹底的に調べて、それは嘘だと判明し最後はがっかり落胆する。まるでジェットコースターの落差のように二度おいしい。謎解きミステリーのラスト数ページで大どんでん返しの又その返しみたいな。まさかのアイツが犯人か〜。あ、いかんいかん。真面目に書きますね。変なのに引っかかる人が一人でも減るようにと今回も心を込めて。

何故かいつも陰謀論者は勝ち誇ったような顔したり顔をしているのか?それは陰謀論の構造上、どこからツッコミを入れても崩れないというか、そもそも陰謀のその話自体が絶対に負けない構造(成り立ち)をしているからです。それでは「非存在は証明できない」という悪魔の証明から説明していきます。中世ヨーロッパの魔女狩りはなぜ数世紀に渡り続いたのか?それは「悪魔の証明」のせいです。無いものは無いと非存在を証明する事は不可能だからです。陰謀論も全く同じ構造で、その陰謀は無いという証明はできないのです。つまり「最初から陰謀論は崩せない」ところからのスタートで、前提条件として構造上、陰謀論にハナから負けは無いのです。ではわかり易く説明していきましょう。人類の歴史は、貧困や飢餓、戦争や疫病との戦いでした。勿論、中世ヨーロッパでもそうでした。そんな社会的不安の中で犠牲になったのは、なんの罪もない女性達でした。集団ヒステリー状態下で、一方的に悪魔と契約したとされ裁判(魔女裁判)にかけられ処刑されました。それが悪名高い魔女狩りです。火刑や磔、投石によって15〜18世紀にかけて推定4〜6万人の女性が被害に遭われたそうです。このような無知で常軌を逸した狂気の裁判が長期化し誰にも止められなかったのは一体何故か???「誰々は魔女だ」と誰かが言い出したら「それは嘘だ」と誰かが反論しても「お前も悪魔の味方だな」で終わりです。必ず有罪有りきの結論です。そもそも「悪魔との契約」は誰にも決して証明できません。もし悪魔がいれば、捕まえてきて(裁判なので)皆の前で真偽を問えますが、実際には、それは不可能です。悪魔という非存在の証明は誰にも絶対に無理です。実際に無いものは無いので、無いという証明は出来ません。
「悪魔との契約は無かった」という証拠を出せないなら、お前はやはり「悪魔と契約したに違いない」「お前は悪魔に魂を売り渡し、魔女となり疫病を流行らしたな!その張本人はお前だ!犯人はお前だ!」さもなくば悪魔と契約をしてない事を証明してみせろ!それはもうむちゃくちゃ支離滅裂で論理破綻です。無い事が証明できないなら、それは有るに決まっているというむちゃくちゃな話です。

そしてこのように、ほぼ全ての陰謀論は実際にその真偽を証明する事は不可能です。上記のように「その陰謀は存在しません」と悪魔の存在のように無いものは無いと証明する事は誰にもできません。その上、普通の人にはその検証は不可能です。それは、陰謀論自体が不遡及的で「全ての真偽を確かめる術や能力は一般の人にはまず無い」ということです。もうお気づきでしょうが、ごく普通の人にとって陰謀論は、最初から悪魔の証明のように反論が出来ない構造になっており、その上、陰謀の証拠の真偽は実際に確かめようがない。結局は都市伝説のように信じるか信じないかは各人次第という事になってしまいます。が、しかし、ごく普通の人にとって救いなのは、きちんとした反証が専門家によってなされている場合が多々あるという事です。事実が明らかになりその事実を持って晴れて万事解決です。ここでめでたしめでたしと筆を置きたいところですが。そうは問屋が卸さない。事実が明らかにされてもなお陰謀論者は決して自説を曲げません。専門家による反論意見の証拠提示もそれは捏造とすれば済むことで全く意に介しません。これは非常に危険な問題ですし、重要なので繰り返します。その専門家の反証の事実に陰謀論者は全く耳を貸さず訂正もせずに全く無視する態度を貫くという事です。その態度こそ偏った思想の持ち主、原理主義者のようです。原理主義とは基本的な理念や原理原則を厳格に守ろうとする立場です。つまり前提としてすでに陰謀論有りきの世界観を固辞する人々は一定数いるという事実です。という事は、間違っている情報を真実であると信じて、誤った認識を持つ人々も一定数いるという事です。やはりそれは社会にとって良くない危険な事でしょう。個々人の注意として、何か陰謀論めいた話題が出た際には、その話に反証は出ていないかどうかを確認し一人一人が気をつけることしか対応策はないのかもしれません。

陰謀論者の出没ポイント。ネットワークビジネス団体。各種民間療法団体。氣の力をつかう気功や合気道や武術団体。スピリチュアルやオカルト団体。新興宗教団体。

共通点:陰謀論というマウント話法を駆使して権威を作り出す団体には要注意です。嘘には本音が出るものです。善意を装う悪徳ラポール商法にご注意ください。

上記では「悪魔の証明」を消極的事実の証明に準じて用いています。又、証明はほぼ不可能である事をこの文脈上、決して不可能と記載していますので何卒ご了承ください。

 

 

見えないものを見る人間の脳の不思議。占い師、超能力者、予言者、体外離脱、幽霊、ポルターガイスト、降霊術、カルト教団……あなたの脳はこうして彼らに騙される。怪しげなスピリチャル信仰が看破される痛快な事例の数々。

「アズイフの法則」を世に広めた事の方が有名なリチャード・ワイズマン博士。
「超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか」という興味深い本も書いています。
アズイフの法則「幸せだから笑顔になれる」ではなく、人は笑うから幸せになるという法則。今回ご紹介する本は、超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのかです。よく当たる占い師、奇跡の導師、スプーン曲げ、予知夢、前世……摩訶不思議な現象に惹かれる人は後を絶ちません。しかし、人間心理にひそむ科学的な罠を研究してきたワイズマン博士は、これら超常現象がすべてインチキであることを実験で鮮やかに示してみせます。怪しげなスピリチャル信仰が看破される痛快な1冊です。ぜひお読みください。最近マンガ化もされましたね。現在ではスピ系オカルトは全般的に虚像だった事がわかります。

リチャード・ワイズマン博士。イギリスのロンドン出身の心理学者。10歳から奇術を始め、20歳代前半にはプロのマジシャンとして世界的に活動。やがて奇術の裏にある人間の心理に強い関心を抱き始め、ロンドン大学で心理学を専攻。同大学卒業後、エディンバラ大学で心理学の博士号を取得。ハートフォードシャー大学で研究室を持つまでになる。超常現象を疑問視する研究においても世界的に知られており、被験者の膨大なデータの分析による科学的なアプローチを得意としている。自らウェブサイト上で被験者を募り、大規模調査プロジェクトを進めている。2002年、社会科学分野における一般向けの優れた業績を顕彰するジョセフ・リスター賞(イギリス科学協会)を受賞。疑似科学を鋭く批判する一方で、一般向けの科学書の執筆やテレビ番組の制作、ビジネスコンサルタントとして企業での講演など、幅広い啓蒙活動を行っている。

騙し騙されテクニック満載のマジカルワールド。是非ご覧ください。
Colour Changing Card Trick byリチャード・ワイズマン博士
https://www.youtube.com/watch?v=v3iPrBrGSJM

スピリチャル信奉者は、なぜこうもオカシイ事を本気で真剣に信じてしまうのか?それはマインドコントロールに掛かっているのかもしれません。ということで人は簡単に心を操縦されてしまう。催眠術にかかってしまうという動画をご覧ください。

ユーチューバーヒカルさんの催眠術の検証動画。
https://www.youtube.com/watch?v=aZnAOtIng0E&t=1322s

f:id:VishnuKrishna:20190723192146j:plain

ワイズマン博士

最期に。こちらも。こっそりとお読みください。知能が低い人ほどスピリチュアルにハマりがち!という身も蓋もない研究 by英国ウォータールー大学
https://yuchrszk.blogspot.com/2015/12/blog-post_9.html?m=0
 
「トゥルー・ビリーバー・シンドロームの人達」
https://vishnukrishna.hatenablog.com/entry/2019/07/04/204743
厄介な人達は一定数存在する。それはトゥルー・ビリーバー・シンドロームの人達。(true-believer syndrome、狂信者症候群、信じ込み症候群)とは、何らかの超常現象や超自然現象について真実であると信じ込んだ人が、その「超能力者」からトリックであったことを告白されるなどの非常に明確なインチキの証拠を示されてもなお、その超常現象/超自然現象を信じ続けてしまうことである。「人は波動や周波数を感知する事はできません」と証拠を提示しても納得しない人達など。
 

 

 

 

金の嘘。感動秘話は実は虚偽。美談のホラ話三選。様々な反証により決定的な誤りが判明している「江戸しぐさ」「水からの伝言」「胎内記憶」の勘違いにご注意ください!

江戸しぐさは、芝三光という人物が、一九七〇年代以降に“創作”したマナー集とでもいうべきものです。そのネーミングとは裏腹に実際の江戸時代の風俗とはまったく関わりがなく、西洋風マナーの焼き直しや軍国主義教育の残滓まで含んだまがいものなのです。 一時は教科書にまでにのり日本の教育をむしばんだ「江戸しぐさ」を終わらせるために今一度お知らせしておきましょう。「江戸しぐさ」はやめましょう。何が問題か。なぜ広がったか。
https://news.yahoo.co.jp/byline/usuimafumi/20150626-00046971/


水からの伝言」を信じないでください。
https://www.gakushuin.ac.jp/~881791/fs/
「水に『ありがとう』などの『よい言葉』を見せると、きれいな結晶ができて、『ばかやろう』などの『わるい言葉』を見せると、きたない結晶ができる」というのが「水からの伝言」というお話です。 これはたとえば、水にありがとうや平和などの「よい言葉」をかけると結晶は美しい形となり、バカや戦争などの「悪い言葉」をかけると結晶も醜い形となるといったことです。しかし、これまでの科学の知識から考えれば、水が言葉の影響をうけて結晶の形を変えるということは、決してありません。


「胎内記憶」胎内記憶を持って生まれてくる赤ちゃん。ファンタジックな世界観で謳う「親子の絆」生まれる前、天国のようなところでお母さんをみていて、自分で選んで生まれてきた。そんな記憶を持つ子供たち。もっと遡ると、卵子精子だったときの記憶。=「精子卵子が記憶を持つという謎理論」神様との約束で「子は親を選んで生まれてくるという美談は微笑ましいですが、中絶18万件、児童虐待13万件、児童養護施設3万人という驚くべき数字が現実にあります。日本トンデモ本大賞2009にもノミネートされたツッコミどころ満載の胎内記憶にまつわる本は、未だに「スピ系オカルト信奉者」の熱い支持が続いているようですが、その二次的被害がそのお子様達に及んでいます。とても悲しい事態を引き起こしています。「私はいつでも神様と話せるの!」「僕はナントカ惑星からこの地球に生まれて来たの!」子供達は、親が望むようなことを気持ちを汲んで話しているようです・・・それで良いのでしょうか?

f:id:VishnuKrishna:20190723151603p:plain

イメージ


プラトンの「高貴な嘘」は金の嘘とも言われますね。『国家』に出てくる神話で、 人間は土から作られ、統治者になるべくして生まれたものは金が混じっており、 戦士には銀が、農作者と工作者には鉄が混じっている、という話がある。 これは各人が各自の役割に不満を持たずに国家のために生きることができるように、 統治者が人々に信じこませるためのもので、 プラトンはこれを高貴な嘘と呼んだ。この「気高い嘘」を統治に利用することをプラトンは肯定しています。プラトンは「本当の偽り」と「言葉における偽り」を区別し、後者を人間にかかわる罪のない嘘としています。仏教でも嘘も方便と言うようにです。ただし「科学的事実と反すること」「歴史的事実として客観性が無いもの」「明らかに普遍性に欠けるもの」この三点に於いて、特にネット検索等で一発で間違いに気づけるものは、やはり「間違いは間違いと認め」間違った認識をしていたと謙虚に反省し、ごく普通の当たり前の考え方に戻すべきなのです。

 
「トゥルー・ビリーバー・シンドロームの人達」
https://vishnukrishna.hatenablog.com/entry/2019/07/04/204743
厄介な人達は一定数存在する。それはトゥルー・ビリーバー・シンドロームの人達。(true-believer syndrome、狂信者症候群、信じ込み症候群)とは、何らかの超常現象や超自然現象について真実であると信じ込んだ人が、その「超能力者」からトリックであったことを告白されるなどの非常に明確なインチキの証拠を示されてもなお、その超常現象/超自然現象を信じ続けてしまうことである。「人は波動や周波数を感知する事はできません」と証拠を提示しても納得しない人達など。
 

 

スピ系オカルト業界では普通にある。金粉を出せる人。癌を治せる人。生まれた時の記憶がある人。スピリチャル能力で癌を治せるなら是非その能力を使ってほしい!!!

前回の記事、好評でシェア30越えました。感謝です。ありがとうございます!変なのに引っかからないようにと思いを込めて今日も書きます。YouTube合気道の愛好者が「みんなは合気道のことインチキだと思っているでしょ!」今から説明し誤解を解きたいと思いますという動画のコメント欄に「やっぱりインチキですね〜」の記載があって爆笑しました。ベースは身体反応を利用したテクニカルな暗示で、催眠術の基礎を知ってればカラクリ通りに作用し、人は動くようになっているだけで、実際に不思議な力や気のエネルギーなんてものは実在しない。ただし、それを真剣に信じる仲間内や師弟関係においては超強力にイギナシに効く。動く宗教と言われるゆえんである。俺の波動エネルギーを受けてみよ〜ってな具合で、触れもしないうちからバタンバタンと人を倒していく。ハタから見ると強固な共同幻想に酔いしれて見えるからインチキだと言われてしまう。合気っていう定義は、合わせる気持ちってことで合気で、師弟関係や仲間内のノリツッコミを阿吽の呼吸で、絶妙なタイミングで、それこそ合気!こうしたらオマエ倒れるよね、はい師匠!みたいな笑笑。ガチの総合格闘家の人達からするとおたわむれのお遊戯ですかね?苦笑となる。という理由で合気道の人達は、一切ガチ試合のリングには上がらない、というか上がれない。そして上がったのを見たことがない笑。演舞としては最高の芸術ですけれどね。という前置きはさておき。さてさて、オカルト議員さん。YouTubeで青にゃん先生が叩かれた内容。スピリチュアルあるあるで面白かったので。金粉を出せる人。生まれた時の記憶がある人。癌がわかる人、治せる人などなど。金粉を出せるっていうおっさんはたまに出没するそうです。スピリチュアル好きの女性を口説く時に使用。スピリチュアルでは物質化現象を本気で信じている人が多い。本当に金粉だせるならたくさん出して世界の貧困を救う為に使ってほしい。生まれた時の記憶がある人は、人類史上、お釈迦様か三島由紀夫しか存在しないので嘘ですよ。笑笑。癌がわかるとか治せる人。癌探知犬のマリーンはほぼ100%癌を見つける。なら人にも出来そうですね。たまに居ますそういう人。これこそスピリチャル業界あるあるですね。他人が癌になって困ってたら治せるのですか?と聞くとだいたいお医者さんの営業妨害になるからとよっぽどのことがない限りその能力は使わないそうです。そういう場合はこう切り返してあげてください。小児がんの患者は小学校低学年で余命宣告を受けています、数千人です。どうか一人でもこっそりとで構いません。是非そのあなたのスピリチャル能力でもオカルト能力でも超能力でもなんでも能力使って良いので、一人でも多く救ってあげてくださいと言ってください。それでうんと言わなかったら、鬼畜以下ということです。うんと言わなかったら徹底的に追及してかまわないと思いますよ〜マジで!こういう人は人として最悪の言語道断っていう人ですよ。マジで。